diary

心に残ったできごと

17歳の櫻井翔へ

櫻井翔くんが、17歳の頃の自分に宛てた手紙が印象的だったので書きます

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

17歳の櫻井翔

 

17歳の俺。初めまして。

32歳の私です。

 

そこから15年が経ち、“俺”や“僕”ではなく“私”を使うようになりました。

その様な機会が増えるという、意外な状況に身を置いています。

背広を着ない仕事に腹くくったつもりでしたが、背広を着る機会に恵まれているよ。不思議なものですね。

 

1999年。

嵐になる直前。

 

気に入っていたドレッドを、ほどけと言われました。

必死に守り抜いてきた、無遅刻無欠席が急に叶わなくなりました。

 

“はぁ…。なんだこれ…。とんでもないことに巻き込まれた。辞めようと思っていたのに。”

 

そう思っていることと思います。

イラついて、ピリピリしていることと思います。

 

でも、

そんな“【あなたの社会】への建て前 ” と“自分への言い訳”を鎧に繕っているものの。

 

自分でその道を選び、歩き始めます。

誰も背中なんか押しちゃいないのに。

 

結局のところ、“夢”だったっつーことかな。

 

不安だとは思う。

 

しかし、

不安が努力を突き動かす。

 

どうか頑張ってください。

 

「無理しないでね。」

人は言うかもしれません。

 

死ぬほど無理してください。

別に死にゃしないから。

 

こっちも未だに、“これで本当に良かったのか”分かってはいません。

でもまあ…“悪くないかな”ってところまでは来られたよ。

来られるよ。

 

人生是一方通行。

 

どうか。

ただ前だけを。

 

無理しないように。

 

 

2014年1月    櫻井翔